FC2ブログ

龍の子太郎

龍の子太郎チラシ
★7月22日(日)14:00開演
★7月23日(月)11:30開演
 吉祥寺 前進座劇場
 おとな 4000円(高校生以上)
 こども 2800円(3才以上)
 (全席指定)
 6月4日(月)前売開始
 TEL 0422(49)2633
★劇団前進座 公演案内へ

※公演は終了しました。ご来場頂いた皆さま、有難うございました。12月には巡演の旅に出ます。

龍の子太郎

龍の子太郎

Author:龍の子太郎
劇団前進座は2007年7月に松谷みよ子作「龍の子太郎」(たつのこたろう)を上演しました。前進座では初演のこの舞台、スタッフ・キャストの奮闘の記録!!

2009年1月からは新たなメンバーで巡演へ―

これからの記事は、公演だよりをご覧ください!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千穐楽、ばんざーい!!

 青少年公演っていいな~、純粋で、明るくて…そう、しみじみ感じた公演でした。
今回の九州コースは、熱いお母さんや元気な子どもたち、そして美味しいおもてなし(小夜食)で、私たちは栄養をもらい、毎日精一杯舞台をつとめることができました。
毎日が感動と喜びで、自分がここにいられることに感謝の気持ちでいっぱいでした。
「幸せだな~」、そう思えることって、とってもありがたいことです。健康でいられるだけでも幸せなことなのに、心の底からじんわりくるこの感情を持てるのは、人の心を動かす仕事だからでしょうか。
 それに今回は何よりも、九州の子ども劇場の方々のお陰だと、心からお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

 千穐楽ではサプライズがありました。カーテンコールで客席の後ろに目をやると、『千秋楽おめでとう』の横断幕が!!

大きいほう


小さいほう

出演者の知らないうちに、演出部やトラックの谷口さんが作ってくれていたのです。
あまりにも嬉しくて、太郎(私)は舞台上で大泣きしました。緞帳が下りても、野生児のように大口を開けてわんわんと泣いていましたが、自分が20代後半の嫁入り前の娘だということに気付いたのは、次の日になってからでした。
素晴らしい思い出をありがとう!
九州のおかあは、みんなオラのおかあだー。
そんで、観てくれた子どもたちは、みんなオラの友達じゃ。
ほんに、ありがとのー。

 今回舞台を観てくれた子どもたちの心に、いつまでも残り続けてくれたら嬉しいです。
みんなー、太郎のようにご飯をもりもり食べて、強くたくましく生きていくんだよー!!

水上琴野
スポンサーサイト

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。